top of page

衆議院議員会館で香りのスマートフレグランス体験会を開催

更新日:2月8日

本日、衆議院議員会館で開催されたデジタル化した香り・スマートフレグランスの体験会には、前デジタル大臣の牧島かれん先生、自民党デジタル社会推進本部web3プロジェクトチームの塩崎彰久先生、神田潤一先生、川崎ひでと先生、そして佐々木はじめ先生がお越しいただきました。

この体験会では、代表の蔡が香りのデジタル化に関する事業説明を行い、私たちが開発する香りをデジタル伝送する技術や香りのプリンターについてのお話しました。また、web3技術を活用した香りの著作権管理の仕組みについても詳しく説明しました。

香りのプリンターに注目する川崎先生、塩崎先生、神田先生


さらに、アニメや伝統工芸など日本が持つ豊富なコンテンツに香りを加え、2次元の世界から3次元へとアップグレードする「Japanese contents 3.0」構想についてもお話させていただきました。これにより、旧来の方法では実現できなかった新しい日本のデジタルコンテンツの可能性を提案できました。

香りのデータストリーミングサービス見る前デジタル大臣の牧島かれん先生


今回の体験会を通じて、議員の先生方にスマートフレグランスについて理解していただくことができました。先生方からは、著作権管理の問題を国として整備していく必要性があるとのコメントをいただき、今後の事業展開に向けてバックアップをいただける見通しとなりました。


また、次のステップとして、部会でのプレゼンテーションができる場の調整が進められていることをお伝えいただきました。今後も、香りのデジタル化技術の普及と日本のデジタルコンテンツの可能性を広げる活動に尽力してまいります。


今回の体験会を主催していただいた神田潤一先生に改めて御礼申し上げます。

体験会を主催いただいた、神田潤一先生




閲覧数:835回
bottom of page