top of page

Horizonとエイベックス、ヒーリング音楽×香りの革新的エンターテイメント「Lis’mell」(リスメル)を創出!

更新日:2023年12月13日

「Listen」「Smell」の2要素を融合

香りをデジタル化するHorizon株式会社(以下「ホライズン」、代表取締役:蔡念佐)は、エイベックスにおいて、主に音楽事業を担うグループ会社のエイベックス・エンタテインメント株式会社とのコラボレーションにより、ヒーリング音楽×香りによる革新的なエンターテイメントを実現します。


ホライズンとエイベックスは、お互いのノウハウ・リソースを掛け合わせ、音楽と香りを組み合わせた全く新しいエンターテイメント「Lis’mell」(リスメル)を創出します。匿名アーティストプロジェクトであるLis’mellは、「Listen」と「Smell」の2つの要素を融合した革新的なエンターテイメントです。


Lis’mellでは、ヒーリングミュージックを通じて、「Listen」で聴覚からリスナーの癒しを目指します。そして、最も斬新な要素である「Smell」により、香りを活用した演出を実現。音楽を聴くだけでなく、香りで感情を揺さぶり、五感を刺激する新感覚のエンターテイメントを目指します。


Lis’mellは音楽業界に革新をもたらし、アーティストとファンが共に新たな世界を体験できるプロジェクトです。エイベックスとホライズンが創り出すLis’mellにぜひご期待ください。


<Horizonが作る香りの世界>


スマートフレグランスの概要

従来、香りはアロマデュフューザー、ハンドクリーム、香水、洗剤、シャンプーなど様々な商品で利用され、一般社会で広く普及してきました。一方で、消費者が香りを楽しむためには、商品を購入するアナログ的な手法しかなく、匂いや香り産業はインターネット社会の中で、DX化がされていない産業の一つでもありました。


ホライズンは、香りのDXを推進する方法として、香りをデジタルコード化し、インターネットから香りデータをダウンロードできるプラットフォームを構築します。


スマートフレグランスは、専用のディフューザーから噴霧可能です。

スマートフレグランス(デジタルデータ)を専用の「Smell Market」アプリから再生することで、6種類のベース香料がつまったカートリッジ内臓のディフューザーから香りを噴霧できます。


香りを再生する技術

香りをデジタルデータで伝送する技術は、ホライズンが開発した世界初の技術です。

香りを合成し噴霧するデバイスはアロマジョイン社の技術です。


香りはアロマデュフューザー、ハンドクリーム、香水、洗剤、シャンプーなど様々な商品で利用され、一般社会で広く普及してきました。一方で、消費者が香りを楽しむためには、商品を購入するアナログ的な手法しかなく、匂いや香り産業はインターネット社会の中で、DX化がされていない産業の一つでもありました。


ホライズンは、香りのDXを推進する方法として、香りをデジタルコード化し、インターネットから香りデータをダウンロードできるプラットフォームを構築します。そして、消費者が音楽プレーヤーで音楽をダウンロードして楽しむように、好きな香りをダウンロードして楽しむ世界を実現いたします。


<会社概要>

会社名:Horizon株式会社

代表取締役:蔡念佐

東京本社:東京都港区芝大門2丁目12-5

事業内容:Digital Smell Patentシステムの開発及び運営、日本デジタル匂い著作保護協会の運営


<本件についてのお問い合わせ先>

Horizon株式会社 広報 Ai

閲覧数:1,449回

Comments


bottom of page